院長ブログ

お腹を温めれば病知らず

2019.02.07

インフルエンザA型に罹って、次々とスタッフたちがダウンしてる。
なぜ寒い時期に感染症が流行るのかは、ちゃんとした理由がある!

冬は乾燥で口の中や気管などの粘膜系の潤いが落ち、悪い奴らに対しての感染防御力が落ちる。
また気温も下がるので、体も冷えてしまうことが多くなる。
腸には、外からの悪い奴らと戦う免疫グロブリンなどが体全体の60%以上も存在している。
体が冷えると腸の中の温度も下がってしまい、免疫細胞の働きが悪くなり感染症に罹りやすくなってしまうのである。

だから冬の感染症を防ぐには、加湿と冷え対策が大切なのである!
腹を冷やさないようにするには、腹に脂肪を付けるか腹巻が良いのです!

同じ生活をしていてもインフルエンザに感染する人と感染しない人が居るのは、持っている免疫力の差なんです!
腹巻するとお腹が温まり、血行や代謝が良くなり、また腸内細菌のバランスも良くなるため内臓の働きが改善され、胃腸障害も減ってしまいます。
私も、使ってますヨ!

写真撮るとき、だいぶお腹を意識しまして、、、チョイお腹を引っ込めました🐯

 

 

 

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。