院長ブログ

またまた黄疸

2012.06.12

のところ、黄疸になって来る猫ちゃんが続いてます。 
皮膚が黄色っぽく見えてます。 
オシッコの色はオレンジ色に近い黄色。 
白眼も黄色。 
黄疸とはビリルビンという色素が何らかの原因で血液中に増えた状態で、病名ではなく一つの症状のことをいいます。


   これは4月24日投稿の写真です
    

胆汁は肝臓でつくられ、肝臓の下にある胆嚢の一時濃縮されて貯蔵されます。 
食べ物を食べると、反射的に胆嚢が収縮し十二指腸に送り出されます。 
そのため黄疸は、通常は肝炎などの肝臓病や胆汁の排泄経路に問題がある場合に見られます。 
また血液の中の赤血球が破壊される場合にも見られる事があります。

黄疸の原因は… 
細菌感染、免疫異常、血漿浸透圧の異常、アレルギー、肝細胞の障害、腫瘍など様々です。 
一昨日帰った子は血液が壊れてしまって…
今日帰った子は結石が…
そして今治療中の子は、肝臓に腫瘍が… 

黄疸を起こしてしまう病気は、とっても重い病気ばっかりです。 
でも症状は皮膚や眼などを見ればわかりますので、日頃の観察が大切です!

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。