勲章?

2008.12.15

怪我で保護された猫がやって来た
手首近くから肩まで、皮膚がズル剥け状態である
まるで猫の「腕・筋肉標本」である
しかも手はプラプラ、超?痛そう!

まずはレントゲン検査など、体内検査を行いつつ筋肉に付着した毛などの除去
鎮痛剤を使用しての処置なのだが…
何を思ったか、指先を噛まれた
猫には噛んだ実感が無いのが、グイグイ噛む

史上最大じゃぁ無いが、ここ数年も味わった事の無い痛覚である
顔に苦痛の色が出てたらしい
スタッフいわく
「噛まれてもポーカーフェイスを装えるのに…無理って事は…」

猫の治療に合間に、私の治療が
まず水道水で、良く洗うのである
そして化膿止めの注射を患部に…
さらに鎮痛剤の服用…

我々、動物病院のスタッフには無数の傷がある
腕だけじゃ無い
足や身体にも…
それを勲章というヒトもいるが…そうかなぁ?

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。