院長ブログ

卵巣癌

2008.03.24

食欲不振、しかし水はいっぱい飲む
陰部からの、臭?い出血
飼い主さんも「子宮蓄膿症」と認識しての来院

X線検査でも、巨大化した子宮が
そのような事から手術に

子宮蓄膿症

大型犬なので、膿の溜まった子宮は大きい!
片方の子宮を出してたところで、チョット卵巣を確認
「ん?…」
卵巣の大きさは普通なのだが、面が良くない

ってな事で、子宮と一緒に摘出した卵巣を病理検査に出してみたら…
なななんとぉー、卵巣癌だった

先月も子宮蓄膿症で手術した犬の卵巣が、癌だったのだ
ホルモンバランスが崩れると子宮蓄膿症になりやすいのだが…
まぁ卵巣が癌になると、卵巣から出るホルモンの状態がおかしくはなるだろうが
今回も、卵巣を病理検査に出しておいて良かった

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。