院長ブログ

変形性脊椎症

2008.03.13

変形性脊椎症は、シニア犬によく見られる背骨の老化現象の一つです
背骨は、椎骨と椎骨が椎間板でつながって出来ています
そしてこれらが作る関節により、腰を捻ったり曲げたりすることが可能になります

しかし加齢に伴い、椎骨の関節面の軟骨が磨り減り硬くなります
また椎間板も弾力性が失われてしまいます

そうすると…
椎骨と椎骨の間のクッションが減り、椎間板に接する椎骨の部分に大きな力が加わるようになります
その結果、その部分に骨が増殖してしまいます
それが「骨棘(こっきょく)」と呼ばれる、トゲのような骨の出っ張りです
そしてこのトゲが、脊椎の中の神経を圧迫刺激してしまいます

骨棘

動くときなどに「痛てー」となるのですが…
ただ骨棘の大きさと痛みの大きさには、あまり関係が無いようです

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。