院長ブログ

太股の腫瘤

2012.04.03

大腿部にある3cm大のシコリの摘除手術が行われた。 
組織生検の結果から、飼い主さんの要望により摘出と決まったものだ。 

11歳、まぁまぁの年齢だ。 
輸液、痛み止め、鎮静剤、局所麻酔、全身麻酔…さて手術開始! 
腫れている部位の皮膚を切開し、目指せシコリと筋肉の間を開き進んだ。 
ん?電気メスで切開していくのだが、思ったより深いかも… 

赤い筋肉の間に白黄色っぽい組織が見えてきた。 
あら? 薄?い皮膜に覆われている感じがするぞ? 
ひょっとして… 
その膜を切り開いてみると、…あらやっぱり… 
病理検査に出さないと何とも言えませんが、これは脂肪腫! 

脂肪腫とは脂肪組織が皮膚の下や筋肉の間に塊状になって出来た、良性の腫瘍です。
一般的に痛みはありません。 
良性でも、出来た場所によっては生活に不都合を生じる事もあるため、切除した方が良いこともあります。 
また良性であっても、悪性の脂肪肉腫となる可能性があるので要注意の腫瘍です。 

皮膜を破らないように、そっと摘出して行きます。 
もし破ってしまうと、周囲の脂肪組織と区別がつきにくくなってしまいます。 

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。