院長ブログ

子宮蓄膿症?

2009.04.03

やっと1歳になったばかりの女の子
発情後から、オリモノが続くとの事
レントゲンでは子宮の腫れはさほどでは無い
超音波でのチェックは、子宮内に貯留物が多少見られる

症状と検査から、子宮蓄膿症と診断
発熱、多飲多尿も無い
 発熱の原因…子宮内への細菌感染のため炎症より
 多飲多尿の原因…細菌の出す毒素による、腎臓の二次的な障害により

若齢でもあるし膿が出るタイプなので、投薬で様子を見る事に
しかし状況が改善せず、開腹手術に
卵巣の形態も異常なので、病理検査に出したのだが…

でも?こんな若さで…なぜ発症?
この病気になりやすいのは、中高年齢期のメス犬なのだが

子宮蓄膿症 2008.02.03 Sunday

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。