院長ブログ

尿石症

2019.05.11

オシッコが赤い‥
『血尿だ!』
一回のオシッコの量が少なく何度もトイレにいく‥
『頻尿だ!』
背中が丸い‥
『排尿痛?』
しかも、元気も食欲もない‥

触診をすると、下腹部に違和感。
そこでレントゲン写真を撮ってみると、お腹の中に『卵』っぽいものが見える。
「あらまぁ〜膀胱結石じゃーん」

膀胱は内面がやわらかい粘膜でできた袋状の、腎臓で作ったオシッコを一時的に溜めるところです。
膀胱結石とは膀胱内にできた石のことを言い、尿路結石の中でも多く見られます。

膀胱結石ができる原因の一つに、細菌感染による膀胱炎があります。
メス犬の方に膀胱結石が多くみられるのは、尿道が短く細菌感染から膀胱炎になりやすいからです。
膀胱炎により膀胱の上皮細胞が剥がれ、それが核となり真珠が大きくなるように結石が成長すると考えられています。

また食事の偏りが結石をつくるとも言われています。
アルカリ性のオシッコが出来やすい食事を食べてると『ストルバイト結石』が、酸性のオシッコが出来やすい食事を食べてると『シュウ酸カルシウム結石』ができやすくなります。
膀胱結石で一番多いのが「ストルバイト結石」次に多いのが「シュウ酸カルシウム結石」と言われています。

膀胱結石を予防する上で大切なことは、飲む水の量です。
水分の摂取量が少ないとオシッコは濃くなってしまい、その結果『石』ができやすくなります。

水を飲んでるようで、しっかりと飲んでないことがほとんどです。
一度、水をどのくらい飲んでるか計ってみてください。
思ったより少ないのに、驚く事でしょう!

いったいどにくらい水を飲めばよいか?
それを知りたいときには、来院時にスタッフにお聞きになって下さい!

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。