院長ブログ

昆虫採集?

2007.09.16

「得体の知れない虫を、発見!」
犬を飼う飼い主さんが、生きた虫がビニール袋に入れてやって来た

なぁ?るほど、ビニール袋を持ち上げて透かしてみると中に虫がいるいる
一生懸命に動いてる、ゴマ粒くらいの薄茶の虫…

「ん?猫ノミ…」
「ぇっ?犬に?猫ノミですかっ?」
「ん?これは、まさしく猫ノミ!」
「間違いなく猫ノミですよっ!!
 体にある黒?い小さなポツポツは、ノミのウンチですよっ!」
「‥‥‥‥‥」

しばし、飼い主さんにノミについての説明である
体に1匹ノミが見つかったら、部屋の中に数十匹のノミが住んでいる事
そのすみかは、冷蔵庫やTVの後ろの温かい所にある綿埃の中である事
ノミは産卵する時に、血を吸う事
血を吸うのはメスだけで、オスはホコリを食べて生きている事
そんな事で環境のノミの駆虫の大切さを精一杯、話しました

飼い主さんが帰った後には、置いて行かれたノミが…
ん?このノミをどうするか…

「飼ってみるか?」
「餌は、どうします?」
「当然?血でしょう??」
「生血?」
「いいや、検査で採血し残った血!」

ノミの飼育

そんなこんなで、抗凝固剤の入った血を餌にして与える事になったのですが…
ノミって、生きた動物からしか血を吸わなかったんでしたっけ?
採血した血は、吸わない事に?
そしたら、ノミは餓死…??
もし、バリバリ増えたらどうしよう?

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。