院長ブログ

猫のヒゲに枝毛が…

2009.03.16

猫の、あの長?いヒゲに枝毛を見る事がたまにあります。
皆さんの中でも、見た事があるヒトはいらっしゃるかと思いますが…
 
ヒトの毛髪は「海苔巻き」のイメージで説明すると、以下のようになります。

   ・海苔=毛髪の表面を被う「キュウティクル」
   ・ご飯=毛皮質
   ・かんぴょう(キュウリでも良いが)=毛髪の中心部にある「毛髄質」 

毛皮質は繊維が絡み合っていて、それをキュウティクルが被っています。
ブラッシング、ドライヤーなどの物理的刺激、パーマやカラーなどの化学的刺激でキュウティクルが剥がれ、毛皮質の繊維がぼぐれた状態が枝毛なのです。
ヒトの枝毛は、このようなダメージが原因とされています。
 
じゃぁ猫のヒゲの枝毛は何で?
ん?何で?どんなダメージを受けるんだ?

猫の場合、ヒトのように化学的な刺激は無いだろう
だとすれば、物理的な刺激が原因だろうと思うのだが…
猫の顔に物理的な刺激と言えば…
そこで来院した猫の飼い主さんに「顔洗い度チェック」を行ったのですが…
 
その結果…
何とヒゲが枝毛になっている猫は、丹念に丹念に、幾度も幾度も丁寧に顔を洗っているのです。

 舐めた手で、顔をお手入れ
  → 撫で過ぎちゃって
  → ヒゲにダメージを与えて
  → ぉぉぉ?ヒゲが枝毛に

右の顔と左の顔では、お手入れの度合いも違います
猫にも利き手があるのかな?
左利き?右利き?
ん?新たなる疑問が…
 
ちなみにヒトと猫の毛の違いは
ネコの毛は較的細く、毛皮質が少なく、毛髄質の占める割合が大きいのが特徴。
さらにその髄質は空隙が多いため、軽くてフワフワしています。
だから猫の毛は、空中を浮遊して飛ぶんですね!

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。