院長ブログ

猫の下痢

2019.04.19

下痢は猫ちゃんでも、よくみられる病気です。
そんな猫ちゃんの、治らない、とにかく治らない下痢の子の来院です。
痩せてる‥ガリガリ。
しかも脱水傾向‥毛はゴワゴワ!

飼い主さんの話だと、相当の期間も下痢が続いてるとのこと。
その間、色々薬が処方されたが全く下痢の状態は変わらずだとか。
そんなに長期間も下痢続いたって事は、色々な検査もしてるだろうし‥‥
薬も‥‥

でも早々に、スタッフに検便を依頼。
検査結果は、『クロストリジウム』
当院で見つかるモノは、他院でも見つかってるはずと思いつつも
でも、とりあえず薬を処方。

しかし投薬しても
いや〜やっぱり治らず!

『クロストリジウム症』は一般的には抗生物質で治療すれば治るはず。
もし下痢が続くようであれば、感染の可能性が低くなる。
しかし念の為、猫の下痢に多い病原体が他にいないかスクリーニング検査を行なっておこう。

そしてスクリーニングの検査結果が出るまでの間は、「アレ」を使っておくことにした!
そういうことで、検査結果待ち。

思惑どうり、感染は否定された!

 

でも検査結果を聞きに来た飼い主さんの一言。
「アレ飲んだ翌日には下痢が少し良くなり、翌々日には痢が治ったんです!
 何ヶ月ぶりの形のあるウンチ見ました!」

『あらー
 アレで治ったって事は、原因は‥‥』

下痢は単純にウンチが水っぽいだけ。
しかしその原因は、とっても奥深いものがあります。
猫の下痢は、一般的には何らかの感染によるものがほとんどです。
そのため感染源を探し出すことが重要ですが、ときたま見過ごされてしまうモノもあります。

猫の下痢を治すには、その子の種類、性別、年齢、病歴,症状,ワクチン歴、様々な検査結果から治療方法を考える必要があると思います。

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。