院長ブログ

猫の眼

2012.06.13

ネコはあまり視力が良くありません。
でも動体視力がとっても良いうえに、暗闇も平気なんです。 
しかも色盲ではなく、赤と青など多少の色は認識してるとか。 

瞳の働きは、常に一定の量の光を眼の中に入れようと調節しています。 
ネコの瞳は細長く、ヒトのように丸くはありません。 
また細長い瞳には、タテに長いモノとヨコに長いモノとがあります。 
タテ長の瞳は夜光性の動物に多く、ヨコ長の瞳は草食動物など広い視野が必要な動物に多く見られます。 

水晶体は外から入ってくる光を屈折させ,網膜に像をうつすという重要なレンズの役割をはたしています。 
水晶体には血管や神経は全くありません。 

そんな水晶体ですが、ネコのモノは大きさの割に水晶体を動かす筋肉が貧弱です。 
そのため近くのモノにピントを合わせがることが大変です。 
ヒトは眼を動かし「モノ」を追いかけますが、ネコは頭を動かし「モノ」を追いかけます。

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。