院長ブログ

猫の腎結石

2012.05.01

X線検査で見つかった腎結石である。 
来院時は腎結石による症状は無く、健康診断での腹部のX線検査で偶然に発見された。 
猫での症例の平均年齢は8歳であるが、この子も8歳で見つかった。 

腎結石は、腎盂あるいは集合管憩室に出来てしまう結石である。 
腎盂を詰まらせたり腎盂腎炎を起こしてしまうと、腎不全を引き起こしてしまう。 
これら結石や結石の破片は、尿管に流れてしまい尿管結石となる事もある。 

詰まることもなく、特に何らかの症状も出さす、なかなか大きくならない腎結石を「非活動性腎結石」とも呼ぶ。

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。