相応

2008.01.17

人間ドッグに行って来た
前から、心臓と脳が気になっていたのだ

早朝7時半から検査が始まった
最初に採血、体重と身長、体脂肪率の検査から始まった
体重計に乗ったその目前の壁に“体脂肪率 35%? 肥満大”と張り紙されている

「ぁぁ?嫌な張り紙だこと…」
「メタボな方が多いですからねぇ?」
ボソボソとつぶやいた言葉に、看護婦さんが大きな声で笑顔で答えてきた

そんな答えをした看護婦さんの手には、私の検査結果が…
結果をのぞき込むと、よく見えるように見せて下さった

「ぁぁっ!」
「はいっ!!」
「ん…」
「次の検査に行きますよぉ?」
私の思いとは別に、看護婦さん達は明るい!

その後、血圧、体重、肺機能、腹部超音波等々…様々な検査が…
そして9時過ぎに、やっと胸部X線写真と頭部と頸部のMRI検査が

「心臓は肥大化傾向ですが、肺に転移像は無いですねぇ?」
もうすぐ、癌の手術を受けてから5年になる
肝臓や、その他の臓器にも再発像は無かった…
手術の後遺症は大きく今も苦しいが、良かった!良かった!
3ヶ月後、満5歳を迎えるのだが、その時に再度チェックになった

「脳は歳相応に、縮んでますねぇ?」
「動脈も歳相応に、硬くなってますねぇ?」
「あれ?両眼の視力1.2なのに、何の眼鏡かけてるんですか?」
検査結果を話してくれてたドクターが、急に質問してきた
「はい、歳相応です!」
と答えると、チョット間があいて返事が戻って来た
「…老眼ですねぇ?!」
「……」
何か、歳相応って嫌な響きですね!そうは思いませんか??

私を手術したドクター達に感謝である!
ドクターの腕によっては、再発も考えられたのにと思うと嬉しい
医者は選ぶ必要がある、医師によっては寿命が違う、そう毎回痛感する!

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。