院長ブログ

肛門周囲腺腫

2009.02.24

肛門周囲腺腫は、その病名からもわかるように「肛門の周囲に見られる腫瘤」です
これは肛門周囲の分泌腺に発生し、イボみたいに見られます
触っても痛がることも無いため、大きくなってから来院することが多い腫瘤です
 
この肛門周囲腺腫は、8歳以上の去勢手術されていないオスの犬に多く見られます
去勢手術と関係あることから、男性ホルモンが関与していると言われていますが…
今回の場合には、去勢手術されている子に発症しました
そのため細胞診が行われたこですが、結局は切除組織を病理検査する事になりました

肛門周囲腺腫は、メスの犬では子宮卵巣を手術で摘出された場合に見られるます
猫の場合は、肛門周囲腺が無いので…
肛門周囲腺腫・・と呼ばれてはいるのですが、下半身のどこにでも発生する可能性があります

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。