院長ブログ

認知

2008.06.20

帝王切開した保護猫がいる
手術翌日から、良く水を飲んでフードを食べるのだが…
子育ては放棄していた
いくら子供を側に置いても、生みの親は見向きもしなかった

ヒトが保育をするのは、とても大変である
でも育ての親になって、やるしかない
排便、排尿、授乳…体重測定…
育児の合間に生みの親に仔猫を引き合わせ、乳首を吸わせるのだが…

その甲斐あって、生みの親が仔猫達にオッパイを吸わせ始まったのだ
あまり乳は出ていないので、育ての親が授乳は続けるのだが…良かったぁ?

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。