院長ブログ

集合注射

2007.04.10

狂犬病予防集合注射なるものが、今年も始まった。
我が日本でも、狂犬病に感染し亡くなったヒトも居るが…

しかし犬の飼い主の多くは、危機感を全くと言って良いほど持ってはいない。
発病したら治療方法が無く死ぬしかない病気なのに、と思うと恐い!
実際に、世界中で年間数万のヒトが死んでいる病気なのである。
しかも最終的には「呼吸麻痺」で死ぬのである…
呼吸麻痺=息が出来ない、嫌な病気である。

集合注射

市町村で行う、集合注射は野天で行われてる。
だから、雨が降った時はテントを張ったりとチョット大変である。
会場に来ると、問診医が問診票のチェックと再度健康状態を確認し、問診票にサインをする。
注射医は、問診を受けたことを確認し予防注射を行うのである…

ただ問診票に嘘の書き込みをしたりして、事実を正確に伝えない飼い主も居る。
「問診票、全部イイエに○ですが、間違いありませんか?」
「ん、大丈夫ですよ!」
「今日の状態はいかがですか?元気・食欲はどうですか?何か変わった事はありませんか?」
「ん、大丈夫、いつも元気だ!」

そんな事で注射を行うと、興奮したのか
“ゲホっ、ゲホっ、ゲぇぇぇぇ?”
そんな咳込みを、犬が始めるのである。

びっくりして、飼い主に問うのであるが…
「いつも、こんな咳しますか?いつからですか?」
「ん?朝晩いつもだ?!」
調子悪いんじゃん、注射打てないじゃん!!確認したのに!

こんな事は序の口、色々な事が注射会場では起こります!

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。