院長ブログ

べナケバ・シンドローム

2021.10.22

フィラリア症の急性期に、突然の赤いオシッコが出ることがあります。
その際に、呼吸困難であったり虚脱症状となってしまうこともあります。

この状態を、べナケバ・シンドロームと言います。
しかも手術でフィラリアを心臓から取り出さなければ、治療しなければ死亡率は100%とも言われます。



その理由は、発症してしまうとDICや腎不全などの併発症を起こしてしまうからです。
そのため内科的な治療では、治すことはできません。

手術は心臓から直接からフィラリアを取り出すこともありますが、現在は首の静脈を使う手術が主流になっています。

心臓から取り出した犬フィラリアの成虫

赤いオシッコが出る理由は・・・

肺動脈や心臓の中に寄生したフィラリアの影響により破壊され、壊れた赤血球の中の血色素によるものです。

まぁ〜
心臓の弁にからみつけば血液は逆流するし、虫で詰まった血管の隙間を血が流れるわけですもんね。。
赤血球が壊れちゃうのも、無理は無いかもですよね。

こうなると重度の心不全状態にもなってしまます。
しっかり予防していれば、罹ることのない病気です!

過去の記事をさがす