院長ブログ

息が苦し〜い

2019.07.03

「食欲が突然無くなったんです!」
との主訴に診てみると、顔色があまり良くない。

「いつも呼吸は、こんな感じですか?」
「チョット早い気がしますが、緊張からでしょうか?」
「いやいやいや、良〜く診ると呼吸が変です!」

息を吸って肺が膨らむと、お腹がへっこむんです。
そして息を吐くと、お腹が膨らむ‥‥
普通は息を吸うとお腹が膨らみ、吐くとお腹がへっこむんです!
これって‥‥

丸の中の黒い部分が肺です。
上が胸水の溜まった子、下が溜まっていない子です。
明らかに、上の写真は黒い部分が少ないのがわかりますね!

胸のレントゲン写真を撮ると『胸水』、胸にトラブル発生です!
健康な時の胸水は、肺と胸壁の摩擦を抑える潤滑剤として少し存在します。

しかし何らかの原因により、胸腔内に多量の液体が溜まると肺が圧迫され膨らむことができず息苦しくなります。
また、場合によっては死んでしまうこともあります。

胸水は、透明な液体、膿、血液、乳白色の液体であったりします。
溜まった液体の種類によって「膿胸」「血胸」「乳び胸」と呼ばれることもあります。

胸水の原因としては細菌やウィルスの感染、腫瘍、心臓病、猫伝染性腹膜炎、外傷、凝固異常などです。

胸水が溜まって息苦しい場合には、胸水を抜いてあげる必要があります。
しかし胸水が溜まった原因を見つけ出し、その治療を行わないと再発してしまいます。

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。