院長ブログ

黒いウンチ

2021.10.17

気温も下がって寒くなり、冷えてきました。
しかし今年の夏は、暑かったですよね!

暑いと多いのが、ノミやダニなどの寄生なんですが・・・
猛暑のせいか、今年は少なかった!

しかし、この10月に入ってからノミが寄生した子が来ました。
でも〜ノミは昔ほど見ることが少なくなってきました。

ノミが寄生すると、噛まれることにより強い痒みが出ます。
また皮膚炎が起こってしまいます。

「瓜実条虫」が、お腹の中に寄生してしまうこともあります。
「猫引っかき病」なんて病気を引き起こすこともあります。

貧血になる感染症もあります。

これは病原体が血液中に入り、赤血球を破壊するために起こります。



成虫になった雌のノミは、2か月くらい生き続け・・

1匹のノミが生む卵の量は1日に30〜50個、一生に約2000個も・・・
これって、対処しておかないと超増えてしまうって事ですよね!

皮膚の上には、黒いノミのウンチが多数見られます。
黄色い矢印で示した部分が、ノミのウンチですが・・・
ウンチを全部矢印で示したら、矢印がいっぱいになってしまうほどです!

ノミが寄生して、良いことはありません。

そのため、予防をしておきましょうね!
今はノミが一年中みられるため、予防を一年を通して行うのが良いとされています!

過去の記事をさがす