院長ブログ

慢性腎不全に行われる幹細胞療法とは

2022.02.24

このところ「幹細胞療法」についての問い合わせが増えています。
その多くは、慢性腎不全と診断された猫の飼い主さんからです。
また話を聞きたいと、直接来院する飼い主さんもいます。

話を聞くと・・・
どうも幹細胞療法を、慢性腎不全の救世主のように思ってるらしいんです。

定期的に通院し点滴を受けたり
家庭で皮下点滴を行ったり
色々な薬を飲んでいたり
吸着剤などのサプリも・・・・

もうやることも無く・・・
辿り着いたのが、再生医療である幹細胞療法なんです。
「藁をも掴む」そんな言葉がピッタリの状況と言っても良いかもなんです。

ま〜あちゃこちゃのHPに、幹細胞療法のことが書いてあります。
結構、良いことも書いてあります。

でも幹細胞療法も、治療のうちの一つであるだけなんです。
治療を開始するのは、もう遅いこともあります!

幹細胞を取り出す脂肪の様子

この脂肪の塊の中から『幹細胞』を取り出し培養し増やします!

慢性腎臓病の治療を行うにあたっては、腎臓の状態をチェックします。
血液やオシッコ、血圧などの検査を幾度か行い、病状を把握します。

慢性腎臓病には『IRIS腎臓病ステージング』と言われるステージ分類があります。
幹細胞療法は、ステージ2〜3(軽~中等度)の慢性腎不全に対して行われます。

この段階では、まだ腎臓の機能は残っています。
もちろん幹細胞療法を行なっても、輸液などの治療は続けなくてはなりません。

幹細胞治療は・・・
腎臓の炎症や線維化を抑えることで、腎臓の機能を改善する働きがあります。
その結果、症状の改善と進行を遅らせることができるようになります。
そして生活の質(QOL)を改善させたり、より長く維持させることが期待できます。

でも治療するのあたっては、重症化する前に行うものなんです。

過去の記事をさがす