院長ブログ

猫背

2019.07.09

猫背って言葉をよく聞きます。
この猫背とは「丸まっている背中の状態」を言います。
猫ちゃんが『猫背』になってるのは当たり前です。
時たまですが、ワンちゃんもヒトも猫背になっているのを見かけます。

ヒトの猫背の原因は、生活習慣からと言われます。
運動不足や癖から脊椎周りの筋力が落ちると前かがみの姿勢に、
また前かがみの姿勢ばっかりしていると『猫背』となってしまいます。

でも猫ちゃんは小さい時から『猫背』です!
なぜでしょうね??

体の作りをヒトと比較してみると
猫ちゃんの胸椎は13個、ヒトは12個
また「腰椎」は7個、ときたま6個の子もいますが、ヒトでは5個です!

猫ちゃんはヒトと比べて、胸も腰も骨の数が多いんです。
背骨の数が多いってことは、同じように関節部分も多いってことです。
だから「背中が曲がりやすい」んですね。
「体のしなやかさ」は、ここからなのでしょう。

ヒトとの違いは、鎖骨にも見られます。
ヒトの場合、鎖骨は胸骨と肩甲骨をつないでいます。
いわゆる『肩』と言われる部分をつくっています。

しかし猫ちゃんでは、胸骨と肩甲骨をつないではいません。
ただ首の根本にある、小さな骨という感じです。
だから肩が無い感じで、なで肩体型です。

ジャンプする前や高いところから着地するときに、背中が丸くなってます。
ジャンプ時は、背中を丸めた状態からバネが弾むように一気に背中を伸ばして、瞬発力を高めるのでしょうね。
また着地のときは、衝撃吸収する役割があるのでしょうね。
ただの猫背じゃなかったんです!

しかし老齢になるに従い、筋力も衰えてきます。
また猫は関節炎も多く、その影響もプラスされます。
その結果、しなやかさも失い瞬発力も衝撃吸収力も無くなります。
猫背パワーを少しでも温存できるよう、日頃のケアをお願いします!

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。