院長ブログ

本当は・・

2019.07.01

腎不全で2週間点滴治療を受けても、改善しないネコちゃんが来院しました。
検査結果を見せていただくと、なるほど腎臓の数値が悪くなってます。
肝機能も落ちています。

「治療を行ってたので脱水は改善してるためか、毛艶は悪くはありませんよね!」
「でも食べないんです!」
「動きも良く無いんです!
私の言葉にチョット笑顔にはなるのだが、返ってくる言葉には悲壮感がこもってる。

「なるほど体重5キロ、チョット痩せてますよね。」
触診してみると、骨がゴツゴツ手に当たる。
「昔は、8キロもあったんです!」
「ぉぉぉ、3キロも!」

持って来ていただいた検査結果の精査、一般状態の確認、そして診察から診断した結果はに
「‥‥‥」
飼い主さんは無言の返事!

「歯が痛いんですか???」
「そうですよ〜!!
ネコちゃんそう言ってますよ!」

そのような診断に至ったかを詳細に説明し納得してもらい、そして再診。

「あの〜元気になって、しかも食べるようになったんです!」
「本当に歯が原因だったんですねぇ〜」
「そう言ったじゃないですか?!」

「でもぉ〜 正直チョット信じられなくて・・」
「そうですよね!
検査値には歯が痛いなんて結果出てませんもんね!」

「まだ本調子じゃないけど、昨日の処置で、、たった1日なのに良くなりました!」
飼い主さんの言葉の中にも、笑顔がいっぱいです。

高齢のネコちゃんの食欲不振には、色々な原因があります。
慢性の腎臓病は、高齢にネコちゃんによく見られる病気です。
その結果、慢性腎不全となり点滴治療を受けられてる子もいます。

高齢のネコちゃんには、腎不全だけでなく歯周病になっている子も多くいます。
一般的に言えば、腎臓病よりも歯周病の猫ちゃんの方が多いと思います。

腎不全になると免疫機能も低下し、感染に対して弱くなっています
そして腎臓病を悪化させる原因のひとつに、細菌の感染があります。

口の中には、歯周病を起こす細菌が多く住んでいます。
これらの細菌や歯周病で作られた炎症物質が血液に入り込むことで、腎臓病が悪化してしまいます。
つまり、歯周病に罹っていると腎臓病が悪化してしまうのです!

高齢の子は、複数の病気が複雑に絡み合ってます。
今回のネコちゃんの場合にも、いくつかの病気が絡んでました。
腎臓、歯、便秘、、、などなど、です。

絡んだ病気を、一つ一つ丁寧に診て見つけていく必要があります。
そして治療順番を決め、飼い主さんとネコちゃんの双方に負担の少ない治療を行なっていきます。

ネコちゃんの最高長寿は38年!
困ったことがあったらご相談ください!

院内紹介:https://dr-nyan.com/about/

過去の記事をさがす