院長ブログ

SPTって?

2019.07.26

『歯が汚い=歯石除去』ではありません。
『口が臭い=歯石除去』でもありません!
大切なことは歯周病の原因となる細菌を、口の中から取り除くことなんです。

しかし歯周菌を取り除いても、また歯垢が付いてしまえば歯周病が再発してしまうのです。
つまり治療した後に、飼い主さんが歯ブラシを上手く使えないと再発してしまいます。

歯周病になるには、いくつかの要素があります。
まず歯周組織が細菌の感染に強いと歯周病にはなりずらく、弱いと歯周病になりやすくなります。
これは体質的に、傷が化膿しやすいか化膿しにくいかの違いに似ています。
また歯周の細菌に対しての抵抗力が弱くなった場合、歯周病に感染してしまいます。
これは口の中の免疫力が関係してます。
そして歯についた歯垢の質と量も、問題してきます。

歯周病を治した後は、
歯垢内の細菌が歯周病を引き起こさないようにコントロールすれば歯周病を予防することができます。
それには、歯周病菌の数をある一定レベルまで減らす必要はあります。

過去に歯周病に罹ったということは、上記の要素のどれかに問題があったわけです。
そのため何もせず、同じようにしていたら歯周病は再発してしまいます。
再発の予防のためには、治療後のメインテナンスは絶対に必要になります。

歯垢を英語で『プラーク』と言いますが、
テレビで歯磨きのコマーシャルで『プラーク・コントロール』と流れているのをよく聞きます。

実際には、飼い主さんに『プラーク・コントロール』を全てを任せるのは無理があります。
そのためヒトの歯科医院で行われている『SPT』と呼ばれている方法と同じように、
飼い主さんによるプラークコントロールに加え、
動物病院スタッフによる様々な方法でのプラークコントロールを定期的に行なっていくことが大切であると思うのです。

■ SPTとは
Supportive Periodontal Therapy(サポーティブ ぺリオドンタル セラピー)の略で、
歯周治療を行なった後のメンテナンスを行うことを言います。

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。