院長ブログ

雨の日はストレス

2019.07.23

雨が多いこの時期は運動不足に、と思いきや散歩しているワンちゃんを見かけることもあります。

そこで、来院した方々に聞いてみました。
「雨の日の散歩は、どうしてますか?」

「うちの子、濡れるの嫌がって!」
「雨に濡れると、毛を乾かしたり後が大変で!」
「雨でも外に行きたがるので・・・」
「レインコート着せて出かけます!」

その結果は
飼い主さんやワンちゃんの都合で行かない、つまり散歩に行かない派の方が多かったんです。
私も行きたく無い派です!

しかし
雨でも散歩に行く飼い主さんも、結構いました。

その理由のひとつに
「トイレは散歩でしかしないから」がありました。
今年の梅雨は雨が多いし、時たま強い雨が降るので散歩は大変だと思うのです。

この『散歩 = トイレ』は、ちょっと健康上に良く無い気がしませんか?
だって、便意・尿意があっても散歩の時間まで我慢しなくちゃなりません。
ウンチ・オシッコって、決まった時間に出るものじゃありませんもんね!
しかも雨に濡れながらじゃ、ウンチ・オシッコが雨に流れて足につきませんか?
なんか、そんな気がします。

『散歩 = トイレ』ではなく『散歩 ≠ トイレ』としないと、老齢になった時が大変です。
また都合で散歩に出られないなんてなったら、ワンちゃんはジーッと我慢の子です。
トイレに行けないストレスって、可哀想と思いませんか?
だからこそ、室内でトイレができるようにトレーニングしておくことが大切です。

じゃ〜トイレを室内でもできるなら、散歩はいらない?
そんな訳はないですよね!
晴れた日に、ストレス発散に思いっきり散歩してあげましょう!
しかも慣れた場所では無く、いつもは行かないような場所なんか行くと興味津々、一生懸命に歩いて散歩の量が自然に増えます。

梅雨の時期はヒトもワンちゃんも体調を崩しやすすく、ストレスがたまります。
免疫力アップに心がけ、上手にストレスを解消して体調を整えましょう!

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。