院長ブログ

VPD

2019.10.04

ヒトはインフルエンザウィルスにより「インフルエンザ」に感染します。
この病気は発熱、頭痛、関節や筋肉痛など、全身の症状が現れます。
私の場合、二度と感染したく無いと思うくらい熱と節々の痛みがありました。
このインフルエンザは、高齢であったり慢性の病気を持っている場合には重症化することがあります。

インフルエンザは、高齢者は脳炎や肺炎を併発しやすい病気です。
しかしワクチン接種による予防効果が認められており、死亡の危険が1/5、入院の危険が1/3 から1/2 に減少するとも言われています。

ヒトもワンちゃん猫ちゃんも、高齢になると免疫力も落ち感染症にかかりやすくなるのは同じです。
ワクチン接種をしていれば、その病気に感染しても軽度ですみます。
だからこそ、高齢になってからもワクチン接種は大切になります。

ワンちゃん猫ちゃんにも『ワクチンで防げる病気』は幾つかあります。
犬ジステンパー
犬伝染性肝炎
犬アデノウイルス(II型)感染症
犬パルボウイルス感染症
犬パラインフルエンザウイルス感染症
犬コロナウイルス感染症
犬レプトスピラ症
狂犬病

猫エイズウイルス感染症
猫汎白血球減少症
猫白血病ウイルス感染症
猫ウイルス性鼻気管炎
猫カリシウイルス感染症
猫クラミジア感染症

ワクチンで防げる病気を『VPD』と言います。
VPDとは「Vaccine Preventable Diseases」の略です。

ワンちゃん猫ちゃんが予防できる病気の中には、皆さんも知っているものもありますね。
ワクチンがあると言うことは、これら病気は感染したら命にもかかわることもあると言うことなんです。

狂犬病なんて感染したら治療方法もありませんので、死んでしまう病気なんです。
しかも、毎年6万に近くのヒトが感染している怖い病気です。

ヒトの世界では、この日本は子供のワクチン接種率が欧米に比べて低いそうです。
動物の世界では、猫ちゃんのワクチンの接種率が低く健康を損ねている子も多くいるそうです。
これは、VPDとワクチンの大切さの認識の度合いからと言われています。
また予防にお金がかかると言うことも、理由の一つかもしれませんね。

「ワクチンさえ接種していれば、こんなことにはならなったのに‥‥」
そのような思いをしないためにも、予防接種は大切です!

過去の記事をさがす