院長ブログ

梅雨だ「外耳炎」の季節だ!

2019.05.15

昨日、奄美地方が梅雨入りしたとニュースで言ってました。
もうすぐジメジメ暑い季節がはじまると思ったら、暑いの苦手なのでチョイ気落ちします。
関東地方は例年では6月8日ごろから梅雨にはいりますので、もうすぐですね!

この時期に増える病気の一つに「外耳炎」があります。
外耳炎は、鼓膜へと続く耳の穴に炎症が起こる病気です。

日によっては、外耳炎臭が充満する動物病院もあると聞きます。
それだけ多い病気なんですよ!!

外耳炎の原因としては、細菌などの感染があります。
しかも隠れた原因として『アトピー性皮膚炎や食物アレルギー』などもあるため、原因が複雑化している場合が多々あります。

アトピー性皮膚炎や食物アレルギーのワンちゃんの場合、その8割以上が外耳炎になるという報告があります。
しかも皮膚炎の症状が見られず、外耳炎のみ発症しているワンちゃんも結構多いとも言われています。
アレルギーが関与してる場合は、感染などの治療を行い一見治ったように見えても再発を繰り返してしまいます。

もともと耳の中には『自然治癒力』があります。
何らかの原因によりこの自然治癒力の機能が低下してしまうと、耳の中の環境が悪化してしまいます。
外耳炎だからと耳の中を幾度も洗ったり、洗浄力の強い洗浄剤を使用してしまうと再発を繰り返すのは、この治癒力の低下が考えられます。

外耳炎から、中耳炎を起こしてしまうこともあります。
中耳炎は症状が外耳炎に似ているため、外耳炎と勘違いしてまうこともあり注意が必要です。
また炎症が奥にまで進み、内耳炎を起こしてしまうこともあります。

外耳炎は、慢性化したり再発しやすい病気です。
またワンちゃんは辛くても、症状を自己申告しません。
そのため何か気になる仕草があったりした場合には、注意してあげてください!

【関連記事】
これから多くなる外耳炎

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。