院長ブログ

Nちゃん(猫):活性化自己リンパ球療法その後

2012.07.14

【疾患】 
 腹腔内腫瘍、腎臓内腫瘍、胃粘膜の石灰化
(キャミックにてCT検査評価済み)  

活性化自己リンパ球療法をはじめて、10ヶ月が経過した。 
現在、インターフェロンを併用し3週間に1回のペースで治療中である。 
毛艶もよく、よく食べ、腸を巻き込んだ腫瘍も大きくならず排便も良好である。 

なぜ小康状態を保っているのか? 
それは飼い主さんの健康管理に他ならない。 
このままの状態を維持できれば、そう思いつつ今日も治療を行っている。

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。