院長ブログ

Nちゃん:活性化自己リンパ球療法2回目

2011.11.05

【疾患】
 腹腔内腫瘍、腎臓内腫瘍、胃粘膜の石灰化
(キャミックにてCT検査評価済み)

【免疫療法目的】
 腫瘍性病変の進行遅延ならびにQOLの維持を目的とし、免疫療法を希望

【治療開始前主訴】
 嘔吐、下痢、発熱、食欲減退?喪失

【2回目免疫療法処置後経過】
 帰宅後ドライフード食べ、元気・食欲ある
 寝ないで動き回り、家中走ってた
 5?6歳若返ったような感じがする

【併用処方薬等】
 消化管運動機能改善剤、ヒスタミンH2受容体拮抗剤を服用

【免疫療法方針】
 リンパ球療法時培養用採血3回目
 治療間隔 / 2週間毎

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。