院長ブログ

小さい吸血魔!

2019.02.17

昨日保護された、手のひらサイズの猫がやってきた。
食欲旺盛とかだが、ガリガリだ!

診察のため箱から出してみると、中には黒いザラザラした砂粒のようなものが散乱してる。
子猫に触ると体中に黒い粒がいっぱい、しかも体から落ちて診察台の上に散乱する。
しかも水に濡らしたガーゼで拭き取ると、黒い粒が溶けて赤くなっていく。
黒い物体の正体は「ノミの糞」である。

血の気が無いので検査してみると、ど貧血!
体中ノミの運動会、眼の表面もノミが歩いてる。
これじゃー貧血にもなるし、このままじゃ貧血死もありえる!

ノミは13℃以上あれば年中活動でき、
一生の大半を環境中で過ごすし体の上で過ごし期間は短く、
しかもメスのノミ10匹いたら、30日後には卵と幼虫が約20万匹にも増えてしまうと言う!

そんな事にはならないよう、ノミの予防が大切ですね!
しかも、通年予防してる方も多くなってます!

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。