スタッフブログ

食欲の秋

2019.10.03

10月になり、だんだんと秋らしくなってきました
秋といえば『 食欲の秋 』

病院で暮らす ワンちゃんネコちゃんも食欲がとまりません!

げんきくんは数日前からお腹の調子が悪くなり、ウンチが下痢ピッピちゃんだったのですが
昨日からウンチの調子も良くなり、ご飯もモリモリ食べるように!!

ご飯のかぶりつきを見てください!

顔と比べてだいぶ大きいお皿に入ってるご飯をあっという間に完食!

これだけの量がこの小さな体のどこに入っていくのは、いつも不思議です (╹д╹;)

 

ロイスは自分が満足するまで食べて、残りは気が向いた時に食べる子
最近は、免疫ミルクでお茶漬け風にしたご飯がお気に入り (*´ω`)♡

 

ルーサーは火曜水曜とお腹の調子が悪くなり、ハウスでひょんひょん鳴いていましたが ビオスリーの力で復活!
ご飯の食べ方も豪快です!

自分の分をだいたい食べた後、ロイスが残した分も食べていました (o´▽`o)

 

シロちゃんは美味しいところだけを先に食べ、残りはゆっくり時間をかけていくタイプ
美味しいところがなくなると、お皿に何も入ってないんですけど?とうったえてきます (´ε`;)

 

おきくちゃんは1年を通して食欲の秋
ご飯の時間になると大きな声で「 ご飯くださーい 」と鳴いて教えます

おきくちゃんの腹時計の正確さはピカイチ!
どんなご飯も美味しく食べてくれます (*´ェ`*)

今日のご飯も美味しかったようでなりよりです ヽ(´∀`*)ノ

 

ちなみに、なぜ『 食欲の秋 』なのかというと…

・秋は多くの食材が旬を迎えて美味しい物が多くなるため
・動物は本能的に越冬にむけて体に栄養素を蓄えようとするため
・日照時間が短くなることによってセロトニンと呼ばれる脳内物質の分泌量が減るため

などといった理由があるそうです!

セロトニンは別名「 幸せホルモン 」とも呼ばれ、精神状態を安定させ、満腹感を与えて食欲を抑える働きがあります
この物質は太陽の光と関係していて、光を浴びる時間が長いと分泌量が増え、浴びる時間が短いと分泌量が減ってしまうんだとか

秋になって日が短くなることで光を浴びる時間が必然的に短くなり、セロトニンの分泌量も減るので食欲が増すそうです

 

秋になり涼しくなってきたら、健康のためにも日光浴をしながらお散歩するのがいいですね  (*´-`*)

 

 

千明

過去の記事をさがす