院長ブログ

ウンチでプレゼント!

2019.05.29

よく出版関係から仕事の依頼がある。
今回は、某社からの症例写真の依頼である。

その内容は
・黒っぽいウンチ
・白っぽいウンチ
・ゼリー状のものが乗っているウンチ
・寄生虫が混じっているウンチ

ウンチは生モノであるから、保存はきかない。
写真が欲しいときに、都合よく依頼されたウンチに出会うわけじゃない。
と言って、日頃から撮影しておけるものでもない。

黒っぽいウンチ・黒いウンチは。胃や十二指腸などの上部消化管で出血がある場合にみられる。
日々の診療で、そんなに多くは見られない。
しかも猶予期間は1週間。

ウンチが黒くなるのは、赤い血液が胃酸と混じった結果である。
それじゃ〜ウンチに黒くなった血液を入れ込めば良いじゃん!
いやいや〜黒い色素を入れ込むのでも良く無い?
そんな事で、入院の子達のウンチを集めて作業開始。

作業を進める事、数時間。
作業場は、ただならぬニオイが充満してる。
自分たちの鼻は、ニオイに麻痺。
やってくるスタッフがオエオエしながら言うから、そうなのかぁ〜って思うだけ。

次に白いウンチ、これは胆道閉塞、膵機能異常などのときに見られるけど‥‥
ウンチの元々の色は、肝臓から出る胆汁の影響からです。
それが何らかの原因により腸内にでなくなると、ウンチの色が白っぽくなるのです。
また脂肪を消化する酵素である膵リパーゼが不足すると、脂肪が消化されずウンチの中の脂肪が増え白っぽくもなります!

白いウンチ作りで
胆汁云々は無理だが、ウンチに脂肪を混ぜれば出来る。
そこで、またまた作業開始!

こちらのニオイは、なぜか強烈!?
脂肪便は、どうしても軟らかくなってしまう。
水分が多いだけに、ニオイも半端ない。
自分たちの鼻は麻痺するどころか、ニオイが染み付いた感じになってしまってる。

まー
日々の診療以外に、こんなこともしてる。
でも、これらが読者の皆さんに役立つと思えば。。。
頑張りがいもあるって言うものである。

ちなみ
この写真の載った記事を読んだ方は、その雑誌を持って受付にいらしゃって下さい!
そしてスタッフに一言『頑張ったウンチですね!』と言ってください。
Dr.NyanからBIGプレゼント!
先着10名の方に「ハーゲンダッツのアイスクリームの引換券」を差し上げます!

過去の記事をさがす

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。