献血のお願い 献血のお願い

健康なワンちゃん、ネコちゃんを募集しています

動物病院ではヒトの病院と同じように、輸血をしなければ致命的となってしまうような場面にしばしば遭遇する事あります


  1. 交通事故など、外傷による大量出血
  2. 輸血を必要とするような手術
  3. 血液が造れない病気
  4. 貧血を起こしてしまうような病気
  5. 赤血球が壊れてしまう病気
  6. 血液中の蛋白質が失われてしまう病気

輸血は、上記のような原因による、出血、貧血、血小板減少などに対し行われる対症療法です。
輸血は治療方法の一つですが、一時的に行われる場合と、輸血療法以上に効果のある治療方法が無く、長期続けなくてはならない場合とがあります。

当院での輸血は、院内やスタッフが飼育している犬や猫からの献血により行われていました。
しかし輸血を必要とする機会が増えるに従い、献血が間に合わない状況となってきました。
輸血をしなければ致命的となることもあります。
そこで飼い主である皆様に献血のご協力を頂ければと思います。

1回の献血量は、体重と体調により算出されます


ワンちゃん

ネコちゃん
年齢 1~8歳
性別 去勢された雄、出産の経験の無い雌/詳細はお尋ね下さい
体重 10kg以上、できれば25kg以上が理想 4kg以上
予防 狂犬病・混合ワクチン接種、フィラリア 混合ワクチン接種
飼育環境 屋内・屋外飼育 完全室内飼育
条件 麻酔をかけずに採血できること
過去に輸血を受けていないこと

申込みから献血までの流れ

  • 登録申込み

    受付にて、申し込みをお願いいたします!
    詳細は、スタッフまでお尋ね下さい。

  • 無料検査の実施

    【初回のみ】
    血液型判定、猫の場合ウィルス検査:FIV、FeLV

    【犬・猫共通】
    身体検査、糞便検査、尿検査、血液検査:CBC,Na,K.Cl
    血液生化学検査:TP,Alb,Glu,ALT,ALP,BUN,Crea,

    【犬】フィラリア検査

  • 登録・献血依頼

    検査結果をお知らせします。
    飼い主さんのご都合にあわせ、献血をお願いします。

    登録後は、年1回の検査を無料で実施致します。

    身体検査、糞便検査、尿検査、血液検査:CBC,Na,K.Cl
    血液生化学検査:TP,Alb,Glu,ALT,ALP,BUN,Crea
    犬の場合はフィラリア検査

  • 献血

    採血前に検査を行い、その後採血を行います。

    体検査、糞便検査、尿検査、血液検査:CBC,Na,K.Cl
    血液生化学検査:TP,Alb,Glu,ALT,ALP,BUN,Crea
    場合により胸部レントゲン検査

    1回の献血量は、体重と体調により算出されます。

  • 輸血

    適合検査を行った後、輸血を実施します。

佐倉市で評判多数の動物病院をお探しなら、若山動物病院。土曜日、日曜日も診察を行っております。犬猫が病気にならない未病の領域に特化した動物病院です。猫専用待合室もあり、猫にとってストレスの少ない動物病院としても有名です。