佐倉市の動物病院なら若山動物病院|千葉県佐倉市にある犬猫が病気にならない「未病」の領域に特化した動物病院

若山動物病院ブログ

脾臓は謎の臓器

健康診断で、脾臓にデキモノがあることを発見!
脾臓はお腹の中の左上の方にある、肝臓に似たようたような色をした臓器です。

脾臓って何してるの?
肝臓や腎臓の働きは知ってるけど、脾臓は知らないんです!

そうなんですよ!
「脾臓」は結構大切な仕事をしているのんですよ!
でも、その働きを知っている飼い主さんは意外と少ないかもです。

肝臓や腎臓のように、目立った働きをしていません。
しかも脾臓は、血液検査で調べられる項目もありません。
そのため、その存在を忘れられている・・・
そんな臓器が脾臓なんです。

脾臓は出産前の赤ん坊のときに、赤血球と白血球を作ります。
そして生まれた後は、リンパ球を作るようになります。
そのためか脾臓の中には抗体を作るリンパ球が多く含まれ、免疫に深い関係がある臓器です。

脾臓は「血液の貯蔵所」としての働きもしています。
運動で筋肉に血液を必要とするとき、また事故などで出血したとき脾臓はギューッと縮みます。
そして中に溜めてあった血液を送り出し、体の中を流れる血液の量を増やし調節します。

また「赤血球の墓場」ともよばれ、老化や変形した赤血球を取り除く働きもしています。
その際に赤血球の中の鉄分をリサイクルし、無駄にしないような仕組みになっています。

手術で脾臓を取っちゃうって聞いたけど・・
脾臓って無くても大丈夫なの?

脾臓が無くても肝臓や骨髄などが代わりに働いてくれるんだよ!
だから、普通の生活には問題もなく生きていくことができます。

しかし脾臓は抗体を作ったりする働きを持つため、脾臓が無いと感染には弱くなってしまいます。
また脾臓が無いと、出来の悪い赤血球が作られてしまうこともあります。

脾臓には、よくデキモノができます。
その多くは健康診断時に発見されたり、他の臓器の超音波検査をしている時に発見されます。

丸いデキモノが出来てしまった脾臓です!

脾臓は、まだ解明されていない機能もあると思われている『謎の臓器』なんです。

ブログタグ: