佐倉市の動物病院なら若山動物病院|千葉県佐倉市にある犬猫が病気にならない「未病」の領域に特化した動物病院

  1. ホーム
  2. 若山動物病院ブログ
  3. 舌の老化のサイン

若山動物病院ブログ

舌の老化のサイン

舌の老化のサイン

このところ、チョット脱水気味のワンちゃん猫ちゃんが増えてる気がします。
特に、高齢のワンちゃん猫ちゃです。

と言って、それが原因での来院ではありません。
診てて、単純にそう思っただけなんです。

ンンン、気温が高くなったせいでしょうか?
そこで「水の飲む量には注意して下さいね」
とは言うものの、この飲む水の量ってのはどのくらい?
そこからの話をする必要も、あります!

脱水は、体に悪い!
それは、誰もが知っています。
しかも加齢とともに、喉の渇きを感じなくなってくると言います。

これはヒトも、ワンちゃん猫ちゃんも同じ事です。

と言うことは、カラダに水分が必要な状態であっても、水が欲しいとは思わないという事なんです。
つまり意識しないと、水分の補給が遅れがちになってしまいます。
そんな意識って大切と言いますが、この意識するって事はヒトでさえ難しいですよね!

そうそう、その前にワンちゃん猫ちゃんって意識するでしょうか?
しませんよね?

意識しないってことは、飲む気が無いのに飲ませるってことですよね?
これって、難しいですよね?

さらにはワンちゃん猫ちゃんは、舌を使って水を飲みます。

舌って、筋肉の塊です。
しかも足と同様に、加齢と共に舌の筋肉も弱くなっていきます。
ただ、舌の筋肉の衰えは分かりずらいとは言います。

フードを噛んだり飲み込むためには、舌の動きが重要になります。
だから「食べるのが遅くなった」などは「舌の老化」からでもあります。
食べたり飲んだりするためには、舌の筋力と持続力が必要なので。
しかし悲しいかな、加齢によって減ってしまうんです。

ヒトじゃ、滑舌が悪くなってくるのは「舌の老化のサイン」だそうですよ!
つまり口の周りや舌の筋力の低下すると、滑舌が悪くなるんですって!