Dr.Nyanの健やかコラム

【疥癬症(かいせんしょう)】猫の疥癬症とは?症状や治療法を解説

2021.11.18

顔の皮膚がゴワゴワで老け顔、しかも頭を振ったり痒がっている。
そんな症状がみられたら「疥癬(ヒゼンダニ)」が住んでいるかもしれません。

せんせい〜耳が、顔が痒いよ〜!!
しかも皆に『お前の顔老けたね』って言われちゃう!
もう痒くてイライラだよ!どうにかして〜ッ!
ひょっとして、それって疥癬っていうダニに感染してるかもしれないよ?
どれどれ見せてごらん?
Dr.Nyan
Dr.Nyan

疥癬が見つかりました

えええええ〜ッ・・・こんな虫が顔に引っ付いてるっての?
信じたくなぁ〜い!

猫の疥癬症(かいせんしょう)とは、ヒゼンダニの仲間の『猫小穿孔ヒゼンダニ』の寄生により起こります。
ここでのヒゼンダニは、耳疥癬症を引き起こす耳ヒゼンダニとは違います。

Dr.Nyan
Dr.Nyan
一時的にヒトへも感染するんだよ!
だから人獣共通伝染症の一つ。ヒトに感染すると皮膚の柔らかい部分に痒い赤いポチポチ発疹がでるよ!

とっても感染力が強く、しかもとっても痒い「疥癬症」の原因や対処法などについてDr.Nyanが説明しますね。

疥癬症の症状

Dr.Nyan
Dr.Nyan
疥癬症の第一の特徴は、とにかく痒いことだよ!
まずはどんな症状がでたら要注意なのか一緒に確認していきましょう!

疥癬は小さな虫で、その大きさは1mmの半分以下の 0.3~0.5mm 程度といわれています。

ヒゼンダニは、皮膚に掘ったトンネル状の穴の中で生活します。
その穴でヒゼンダニが出したウンチや分泌物が原因となり、アレルギー反応を引き起こすといわれています。
そのため、とても激しい痒みを伴う皮膚炎を起こします。

激しく痒がる

疥癬症の特徴は、とにかく痒いことです!
四六時中、体を爪で掻きむしっています。
疥癬症になると、激しい痒みから生活の質は非常に悪くなります。

病変は顔から始まる

猫の疥癬の感染の多くが、耳、顔、頭から広がっていきます。
そのため頭を振るようになります。

疥癬症の様子

疥癬症で顔がシワシワになってしまいました

時間と共に背中やお腹、四肢にと全身に皮膚炎の症状が広がっていきます。
特に免疫力が弱い仔猫では、あっという間に全身に感染が広がってしまいます。

皮膚が分厚くなりフケが出る

皮膚に赤いブツブツができ、炎症から皮膚は硬く分厚くなりフケが目立つようになります。
また毛の根元がカサブタで固まり、毛も抜け落ちていきます。

顔や頭の皮膚がゴワゴワ・シワシワになり、まるで年をとった猫のように見えます。

感染から皮膚炎を起こしてしまう

感染した皮膚を掻きむしることで皮膚が傷付き、皮膚炎を引き起こします。
掻き傷から血を流したり、掻き壊した皮膚が化膿してしまうこともあります。

感染が重度になってしまった場合には、命を落とすこともあります。

疥癬症の原因

Dr.Nyan
Dr.Nyan
疥癬症の原因は、ヒゼンダニ(耳疥癬)の寄生だよ!

猫の疥癬症は『猫小穿孔ヒゼンダニ』の寄生により起こりますが、まれに犬の疥癬症の原因である犬小穿孔ヒゼンダニの感染で起こることもあります。

直接の接触による感染

疥癬症はヒゼンダニに寄生した猫との接触により、感染します。
そのため、仲の良い猫同士に疥癬の感染が広がっていきます。
母猫が疥癬に感染していると、子猫も感染してしまいます。

関節的な接触による感染

自宅外でヒゼンダニ感染した猫を抱っこなどして衣服にヒゼンダニを付け、持ち帰り飼い猫に感染することがあります。

猫の体から離れ落ちたヒゼンダニは、数日で死亡します。
その数日間は、落ちた環境の中で感染を広めていきます。

多飼育の場合にはブラシやタオルを共有することで、それを介して感染する場合もあります。

シロちゃん
シロちゃん
生活環境はできるだけきれいにしておきましょう。

疥癬症の主な治療法と費用

Dr.Nyan
Dr.Nyan
耳の中の検査をするんだよ!

疥癬から感染症を併発してしまうと、ちょっと厄介です。
しかし一般的には、疥癬を殺してしまえば結構治りは良いと言われています。

治療に際しては、疥癬や他の寄生虫感染がないか検査を行います。

  • 皮膚の
掻爬検査:道具を使い、皮膚表面を軽く擦り集まった皮膚片などの中のヒゼンダニを調べます
  • セロテープ法:セロテープに付いた皮膚表面の皮膚片などの中のヒゼンダニを調べます
  • 皮膚の全般的な検査:他の寄生虫の寄生や細菌感染などを調べます
疥癬の様子

検査してみたら多数の疥癬が見つかりました

駆虫薬の投与

疥癬症の治療では、セラメクチン、イベルメクチンなどの薬を投与します。
駆除剤には注射や内服薬などがあります。

ダニの駆除剤はダニの成虫に効果があり、ダニの卵には効果はありません
そのため間隔を開け、幾度か投薬を行います。

多頭飼いの場合、他の子も感染している可能性が高いため一緒に治療を行います。

薬抗生剤などを投与

炎症から強い痒みや痛みを伴う場合は、生活の質の改善のために薬を飲ませます。
細菌感染も併発するので、その場合は抗生剤が投与されます。

治療費

ネコちゃんの飼い主さん
ネコちゃんの飼い主さん
気になる疥癬の治療費は幾らくらいでしょう?

感染の度合いや使用する薬、治療期間の違いから治療費が変わります。
また体重によっても、治療費は変わってしまいます。

一般的には仔猫の場合では、検査と投薬で治療費は5,000〜8,000円くらいです。
しかし重度の皮膚炎になっている場合には、治療期間も長く治療費もかかってしまいます!

疥癬症の予防方法

シロちゃん
シロちゃん
疥癬は痒いし外耳炎にもなっちゃうので、ならないようにしたいです!

感染した猫との接触を避ける

ヒゼンダニに感染した猫との接触を避けることが予防になります。
多頭飼育の場合には他の猫に広がるのが早いので、特に注意が必要です。

もし
同居猫が感染しているなら、同居猫にも予防的投与を行います。

Dr.Nyan
Dr.Nyan
チョットした注意で予防できたり、感染拡大を防げますよ!

屋内環境の整備

日ごろから飼育環境を清潔に整えるように心がけましょう。
室内飼いでも、網戸越しで外の猫との接触がないように注意します。

屋内飼育の徹底

感染は接触によりますので、猫を外に出さないことです。
また新しい子を向かい入れた場合には、その子に感染が無いことが確認できるまでは隔離期間を設けます。

疥癬症になりやすい猫種

  • 外に出ている猫
  • 免疫力が低下している猫
  • 体力的に弱っている猫
  • 
衰弱している猫

まとめ

痒いのが続くと、日々の生活にストレスが溜まってしまいます。
疥癬症は、気をつければ予防も再発も防げる病気です。

痒みや皮膚炎などの気になる兆候が見られたら、ご相談くださいね。
イライラの無い快適な暮らしができるよう、お手伝いします!

  1. ヒトにも感染
  2. フケが出る
  3. 痒い
  4. 皮膚が赤い
  5. 頭を振る

他の記事をさがす